院長紹介

病気の発見だけでなく、予防医学にも力をいれる

院長挨拶

院長挨拶

こまくさ女性クリニック院長の石井淳です。
泉区緑園都市ならびにその周辺にお住まいの皆様が健康に過ごすことができるよう日々診療や生活習慣指導を続けています。

子宮がん検診と乳がん検診の両方が受けられる

当院の一番の特色は、子宮がんと乳がん検診が受けられることです。一般的に子宮がんは婦人科ですが、乳がん検診は外科になるため、時間を作って他の病院に行く必要があります。当院では、その2つの検診を受けることができるため、負担が少なく忙しい方でも受診しやすくなります。

どんな病気でも、早期発見ができれば治療や改善に繋げることができます。そのために、病気を未然に防げるような受診しやすいスタイルで検診を行っています。

女性に必要ながん検診をひととおり受けられる

また、女性に多い子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんの検査も受けることができます。通常は外科で行うことが多い乳がん検査ですが、大学病院にも引けを取らない検査機器や設備を揃えているため、精度の高い乳がん検診となっています。さらに、胃がんや大腸がん、肺がん(部分的検査)、甲状腺がん、膵臓がん、膀胱がんの検査も受けることができます。また更年期障害にも関連しますが、動脈硬化の予防や診断としての頸動脈エコーやDEXA法による骨量測定も実施しています。

不調を改善したあとは予防に力を入れる

当院は、異常を見つけて治療をして終わるだけのクリニックではありません。不調や病気が見つかったということは、その原因を見つけ、根本から改善に繋げることが必要となります。
そのため、まず行っているのが生活習慣の改善です。質の良い睡眠や適度な運動だけでなく、食事指導にも力を入れています。さまざまな文献や研究論文から学び、つくりあげた食事療法を患者さんにお伝えしたり、自分自身で最新の情報を入手したりしながら、根拠を徹底的に調べ、自分が納得できる情報を提供しています。

がんだけでなく病気を予防するにはまず体質を改善する必要があります。特に重要なのが食生活と腸内環境の改善です。そのために、患者さん自身に自分の健康を維持するためには何をすべきか、どんな食品を食べればいいのかなど、丁寧に説明しています。

診療には分かりやすいプレゼンテーションツールを使って

診療には分かりやすいプレゼンテーションツールを使って

診察に欠かせないのが、問診を含めた検診です。問診は時間をかけて丁寧に行っています。検診で問題がなくても、経過観察であれば何かしらの問題があると考え、予防医学に基づきながら将来の可能性や食生活の改善方法などのアドバイスをしています。
私が心掛けているのが、患者さんによりわかりやすい資料で説明を行うということです。
資料はすべて手作りで、レイアウトや情報量にこだわり、患者さんが読みたい、聞きたいと思えるような情報を提供しています。不確かな情報にまどわされるのではなく本当の情報をご説明することで患者さん自身の健康への意識が変わり、生活習慣の改善に対して前向きな姿勢になっていただくことが何よりうれしいですね。

これからは、病気の治療だけでなく、私がこれまで取り組んできた予防医学が重要になってくる時代が来ると思っています。食生活や生活習慣の改善が注目される時代を見据えて、その変化を注視しながら、日々の研鑽を積み、女性の皆様の健康長寿のためよりよい医療と予防を提供していきたいです。

経歴

  • 信州大学医学部卒業
  • 同大学院修了 医学博士
  • 市立岡谷病院産婦人科医長
  • 私立病院副院長
  • 健診センター所長などを経て98年開院

所属学会・資格等

  • 日本産婦人科学会専門医
  • 母体保護法指定医
  • 日本医師会認定産業医
  • マンモグラフィ検診精度管理中央委員会読影試験評価ASランク取得(指導医)
  • 日本乳がん検診精度管理中央機構・乳房超音波認定医資格取得
  • 日本産婦人科乳癌学会 評議員

メディア掲載情報

  • 家庭画報
  • 漢方医薬学雑誌
  • 集英社女性雑誌 など

CONTACT

月経異常・乳がん検診・
更年期障害など
女性の体のお悩みなら
何でもお気軽に
ご相談ください

045-810-0051045-810-0051